おもちやけた

orokanaburogu

大森靖子の続・実験室 vol.34(17.10.26)

f:id:ariki_com:20171026231753j:image

新宿には人がたくさんいて有象無象

f:id:ariki_com:20171026231818j:imagef:id:ariki_com:20171026231833j:image

 

f:id:ariki_com:20171027003247j:image

大森さんは何度もこれ大丈夫?って言っていたけど二宮センターで回っていく話たち、すごく好きだった  真ん中に挟まっているからこそ始まる話があるんだと思う ㌧さんが誰よりも憧れの存在

ずっとずっと悪意不在な振る舞いたちが頭を付いて回る 悪意があれば人を憎めてまだマシだと思うことばっかり 誰がとかじゃなくてそれは無数のもの 心の内側にワサビ塗られているみたい そんなとこに塗られるくらい自分を守らずに出入りさせたことが悪いんだからこっちが悪だ

自分もさぞ侵しているだろうけどそんなのしったこっちゃない 心が狭いんだよ、こっちは

本当に好きなものの話じゃなくて普通に好きなことの話をするときが1番楽しい

 

神は大森靖子 あなたが親しむ人達のことが好き 

f:id:ariki_com:20171026232045j:image

〜〜〜
TOKYO BLACK HOLE
魔法が使えないなら
マジックミラー
背中のジッパー
さっちゃんのセクシーカレー
みっくしゅじゅーちゅ

 

超歌手 背中のジッパーを

 

 

 

汚い都会でも晴れていて寒く澄んでいる日には星がけっこうみえる たくさん散りばめられた星空を死んだように体を凍らせて観てみたい 誰にも奪われないようにしながら

 

誰にも真似はできない