おもちやけた

どういう状態をやけたとするんですか

「ベルトコンベアー時代」(17.8.10)

@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3f:id:ariki_com:20170811175914j:image

2017年夏休み楽しいこと1発目 東京以外でブクガを観るのは初めて

行くなら夕方から埼玉へ外回りでもしにいって開演までに間に合うように行こうと思っていたけど、翌日から夏休みだし仕事後同期や職場の人で馴れ合うやつあるかなと思ってサボることを諦めた

それなのにみんな18時にイソイソと帰っていった まじかよ予定バリバリかよ 後悔が襲いかかる 出番が2番目だったら間に合うことに気がついてとりあえず埼玉方面へ向かう 親切な方に出演順確認してもらって、間に合うと知ってほっとする

19:15さいたま新都心

f:id:ariki_com:20170811180053j:imagef:id:ariki_com:20170811180105j:image

あざやかな街 なぜかと思っていたらf:id:ariki_com:20170811181007j:image

 そうなんだ…さいたまって彩の国なんだ…f:id:ariki_com:20170811181125j:image初めてライブを観に行ったのはBUMP OF CHICKENさいたまスーパーアリーナ 時雨を初めて観たのもここでのI was musicかもしれない

19:30にさいたま新都心ヘブンズロックにつく  開演してから会場に着くといつも入口あたりでスタッフの彼が煙草を吸っている レッドブルと共に

f:id:ariki_com:20170811181518j:image 

LILI LIMITがMCしているときに入場 驚く なんというか正直、(人が少ない) 買った当日券は整理番号10番と書いてあった むちゃくちゃ来てよかった ステージは客席よりも高い位置でもともと見易いだろうに 全体が見渡せる 彼らの最後の曲を聴いて転換に20分くらい待った 最前譲りますよと声をかけていただいたのを咄嗟に断ったけれどちょっと後悔した それでもほぼ最前みたいなものだったので彼女達を観るのに遮るものはない 20:00にミラーボールとa-shi-ta 息を吸うとホコリっぽいけれどどこか懐かしいようなにおいがする

sin morning
screen
lostAGE
cloudy irony
end of Summer dream
rooms

前日のラママとは違う色を放つセトリ もうちょい曲数やってた気もしたけれど 最前部の上手側で眺めていたけれど、すごく立体感のあるステージだと感じる screenでピョンピョンと葵ちゃんがこちらにやってきてグッとくるサマー 昨日も書いたけれどsin morningの1人震えてたののフリのコショージメグミに釘付けになる なんだろう 疑念、倦怠、軽蔑?表情と視線 cloudy ironyのキックが飛び出す 井上さんもヤガワさんも格闘家のように 

昨日と違った照明効果のrooms 暖色系のライトのドットからカラフルに ブレイクではゾッとするほど無に還っていて違和感にさえ繋がる 久しぶりにここまで 自分が自然と目を閉じてしまっているのかもしれないけれど 肌の表面までゾッとした 2度目のブレイクでは照明が消えない演出で静止する彼女達が可視化される いつもとストーリーが違った 結末も違って聴こえる 和田輪が冴えていた

今日のステージはよりクールでスタイリッシュだった 

 

 

オワリカラ

端の方で見てようと壁の隙間に挟まっていたけれどあまりにも揺さぶられテンションゴリゴリあがってきて音として発してしまうくらい 精神世界に還れたわ いやあ…楽器って音楽って最高だと 同じ演奏は2度となくて一瞬一瞬の連続だとなぜか痛感した いやあいいバンドだホント…またライブ観にいこうな baby please wake me upの夢の中の浮遊感に溺れて

アンコール ブクガコラボはなとゆめ 良すぎて思い出すとジンワリくる 彼らのステージはもう歯ギターしたりベースが倒立したり熱気に溢れていて帰っていったのにアンコールでこんなに夢のような曲を演奏していて 彼女達が詞を朗読することで特別に夢感が溢れる 幸せの途中でわたし 名前がない

ベルトコンベアーぜひ買おうと思ってたけどブクガチェキしていたらメンバーの方々いなくなっていたので買わずに帰ってしまった まだツアーあるから、まだツアーあるから えらちゃんがいた 華奢で可愛かった

 

和田輪とアイスのお話をしてroomsの大好きなフリをおしえてもらった ちっちゃくてキラキラしていて夢の主人公みたいなワダリン 今日は抹茶あずきのアイスを食べたと言っていて、最近も抹茶のスーパーカップを食べていたし抹茶すきなの?と聞いたら抹茶は別に好きなわけじゃなくて気分なだけって言ってた そうだよね食ったからってそれ好きなんだねって言われるのってヘンだよなーと思った 

コショはいつも輝いていてステージと一転して一気に可愛さと無邪気さで接してくれる 昨日のセトリとどっちが好きか聞かれて悩みに悩んで昨日と答えてしまった なぜだろう わかる、昨日のわかるよって言ってくれたけれど彼女はどう思っていたのか知ってみたい けど 知らなくていい 

なんというかいつも彼女達を感じる際には消えたい思っているし(死にたいとかじゃなくて自意識を消し去りたい)接触に行くなんて可笑しな行為だと思う いつか行くの辞めてしまうのだろうなとさえ思う 彼女達と接する中で新しい自分が形成されてしまって大きくなるのは嫌だ でも暫くは 暫くはこうしてもいいんじゃないかと思う ステージが終わって会えるまでには少し落ち着いているはずだろうし自意識を意識に戻しても差し支えないのであれば

 

自意識っていうものは声を発したり人と関わって話すことで自分の存在が浮き彫りになってくるもので あんまり長く同じ観客の立場の方々ともワイワイする気にはなれなくて今くらいの温度で保ちたい 自分を認識されることの不安感 精神世界だけのSNSと対面とは全く別物だという認識が抜けない そんなに自意識持ちたくないと言っているならSNSもこうして文字起こし公開もしないが吉だけれどしてしまうのは精神分裂

 

帰る頃には細やかな雨がたくさん降ってきた 空からじゃなくて自分の斜め上から生きてきてるみたいな感じの雨ね